糖質制限で痩せるしくみ

そもそも人間には生きていくために脂肪を蓄えるための機能が備わっています。
生き物がエネルギーとなる脂肪を蓄えるのは生きていくためには必須の機能です。
その機能は、食べ物をたくさん食べると以下のような反応を起こします。

 

炭水化物をたくさん食べる ⇒ 血液中にブドウ糖が増える ⇒ 血糖値が上がる ⇒ 膵臓からインスリンが分泌される ⇒ 肝臓や筋肉にブドウ糖が取り込まれる ⇒ 血液中のブドウが過剰に増加する ⇒ 余分なブドウ糖が中性脂肪に変わり脂肪細胞に蓄えられる ⇒ 皮下脂肪の増加(太る)

 

インスリンは太るホルモンと言われており、インスリンの分泌を抑えることがダイエット成功への秘訣になります。

 

炭水化物を取らないと先程のながれは以下のようになります。

 

炭水化物を取らない ⇒ 血液中のブドウ糖が増えない ⇒ 血糖値は一定 ⇒ 膵臓からインスリンが分泌されない ⇒ 血液中のブドウ糖が足りない ⇒ 脂肪を分解して脳や臓器にエネルギーを送る ⇒ 痩せる